別れさせ屋なら綺麗に縁を切ってくれる|プロに依頼

調べたいことがある場合

レディ

何か調べてほしいことがあれば、東京にある探偵に依頼をしましょう。プライバシーにも配慮をしてくれて、電話やメールでの相談もできます。調べ終わった後にもケアをしてくれて、浮気調査の場合には弁護士の紹介もしてくれます。

身元不明人を探して欲しい

虫眼鏡

家出人などの捜索を手伝ってくれるのが興信所と呼ばれるところです。調査技術に長けたプロが引き受けてくれるので、個人では難しい場合でも確実に結果が得られます。調査したが見つからなかったということも多いので、成果報酬型の料金プランを提供しているところがおすすめです。

トラブルを防ぐためには

男女

調べてから契約しましょう

別れさせ屋に仕事を依頼する場合は、仕事の成功率がどの程度なのかを調べる事が必要になります。成功率が低い別れさせ屋に依頼してしまうと、仕事の費用だけを取られて別れる事が出来ない可能性があります。 過去に行政処分などを受けていないかを調べる事も大切です。別れさせ屋はほとんど探偵会社が行っている場合が多く、探偵会社が行政処分などを受けている時は簡単に調べる事が出来ます。探偵会社が受けた行政処分は、警視庁などのホームページで検索をすると確認する事が出来ます。しかし、行政処分の情報は3年間でホームページから削除されてしまうので、検索をしても分からない事があります。そのような場合は、インターネットの検索エンジンを使って検索を行えば、3年以上前の行政処分などの情報を調べる事が出来る可能性があります。 別れさせ屋に仕事を依頼する時には、契約書も作成しておく必要があります。仕事の説明がしっかりとした内容であっても、口約束だけで契約をする事は避けなければいけません。契約した後で説明された内容と違う場合でも、契約書がなければ証明する事も出来ずに大きなトラブルになる可能性があります。契約時には、重要説明事項や誓約書や委託契約書などの書面があり、契約内容や仕事にかかる費用の内訳などがある事を確認しましょう。 仕事を依頼する前に、別れさせ屋の代表と話をする事も重要な事になります。トラブルの多い別れさせ屋の場合は、代表が存在していない事や、何かの理由を付けて会う事を避けようとする別れさせ屋があります。代表が会わないような場合は、仕事を依頼する事を避けた方が良いでしょう。

素人調査は良案でない

男の人

配偶者が浮気しているか真実を知りたいと思ったら、自分で調べるのには限界があります。証拠になるようなものを突きつけても言い逃れされたり逆非難されたりすることもあるため、大阪の探偵に確実な証拠を押さえてもらうのがベストです。第三者による証拠は裁判でも適切に扱われ、優位に話を進められます。